BLOG

花束アート誕生秘話丨Soeru手のひらサイズの花束屋さん丨スマートフォン花束

『花束をスマートフォンの間に挟むことはできますか?』

2年前、私たちSoeruが駆け出しの頃に一人のお客様からメッセージが届きました。

-

こんにちは。
Soeruの店長、鬼澤健汰(おにざわ けんた)です。

本日の読みものは、Soeruの看板商品の「花束アート」の誕生の物語です💐

誕生秘話の前に少しだけお知らせです。

最近多くのお客様に『Soeruのスマートフォンに挟む花束が真似されています』とお声をいただいております。

いつも応援してくださる皆様、教えていただきありがとうございます。

類似商品が多く出回っていることに関して、注意喚起と私の本心、今後の方針についてお伝えさせてください。

まず、皆様へ注意喚起です。
Soeruは姉妹店のようなものは一切ございません。いくらデザインが似ていようとも、Instagramのリールや投稿が似ていようとも、Soeruとは一切関係ございません。

というのも、フォロワー様から、Soeruの姉妹店であると騙すような言動があったと教えていただきました。今後そのような悪質なコメント・フォロー・ダイレクトメッセージがございましたら、なりすましアカウントですので、ブロックなどご対応をよろしくお願いいたします。

そして、私の本心についてです。
スマートフォンに挟む花束を多くの方が制作し販売することは、実は心から嬉しく思っております。

私が目指しているのは、日本の文化です。
そのためには私だけの力では到底達成できません。

お皿を作る職人が何人もいるように、
コーヒーを淹れる職人が何人もいるように、
スマートフォンに挟む花束を作る職人が何人もいていいと思っております。

私たちが努力することは、そんな中で皆様から選んでいただける店であり続けること、ただそれだけです。

そうは言っても、職人には職人のマナーがあります。それが今後の方針ですが、私たちが悪質だと判断したアカウントやお店に対しましては、法的な対応をいたします。悪質の判断基準は、Soeruのお客様に迷惑をおかけしていること、Soeruの知的財産を侵害していること、嘘を述べ、欺いていることなどです。

私たちはこれからも一貫して、Soeruに期待して、応援してくださる皆様に、花束の力で幸せをお届けするためだけに努力し、精進して参ります。

心配してくださった方が私が想像したよりもいてくださったため、少しだけこの件についてお話させていただきました。

-

さて、というわけで!

本日は、そんなスマートフォンに挟むことができる「花束アート」の誕生秘話を皆様にお届けいたします。

正真正銘、私たちSoeruがスマートフォン花束の元祖でございます。

実は花束アートの誕生は、とある一人のお客様のご要望からでした。

約2年間、Soeruが駆け出しの頃です。
私はひとつの疑問を感じていました。

それは「お花のある暮らし」という言葉に対してです。
皆様もどこかで一回は聞いたことがあるはず、コロナ禍において「おうちじかん」が増えたことで花屋が打ち出したキャッチコピーのひとつです。

私の疑問は、
「お花のある暮らし」と打ち出すのに届け方は変えないのかな。

少し複雑ですね。

簡単に言うと、お客様が「お花のある暮らし」がしやすいように花屋が工夫できることはないのかな、と考えていました。

そんなある日、花束を注文してくださったお客様からひとつの写真とメッセージが届きました。

カスミソウをケースとの間に挟んだ状態のスマートフォンの写真と、
『小さな花束をスマートフォンにはさみたいんですが、できますか?』のメッセージです。

-

正直、できるかわかりませんでした。
ですが、『カスミソウは挟んでみたのですがSoeruの花束が可愛くて…』とおっしゃってくださったお客様の期待に応えたいと、

その一心でチャレンジしてみることにしたんです。

それがこちら。
2年前、初期の私たちの花束アートです。

こうして、花束アートは誕生しました。
そして今、多くの方へ花束アートを届けることができるようになりました。

花束アートは私の思い描く「お花のある暮らし」いや、「花束のある暮らし」を実現してくれました。

花束をスマートフォンに入れて持ち歩くというアイデアこそが私の欲しかった工夫です。お客様へ「花束のある暮らし」は素敵だと胸を張って言うことができます。

私たちは花束を通して、笑顔になれる瞬間をお届けいたします。花束があれば、辛いことがあっても明るい気持ちになります。

心が疲れていても、少しだけ前向きになれるはずです。

私はそのために花束屋を創り、花束アートを作る腕を仲間とともに磨いてまいりました。

これからもただひたすらに皆様に笑顔になっていただくために花束を作り続けます。

これからもSoeruをよろしくお願いいたします💐